1. 脂肪燃焼サプリ
  2. 未分類
  3. ≫内臓脂肪の体への悪影響とは?|効率的に落とす方法も

内臓脂肪の体への悪影響とは?|効率的に落とす方法も

脂肪には2種類ある

脂肪にも「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類が存在します。

内蔵脂肪はその名の通り内臓の周りにつく脂肪。体の外からはわからないので、一見痩せ型でも体脂肪計で量ってみると意外に体脂肪率が高い…という人は、内臓脂肪が多い可能性があります。

一方皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪。手でつまめる脂肪なので、スタイルが悪くなるなど美容に大きな影響がある脂肪ですね。

内臓脂肪がつきやすいのは男性で、皮下脂肪がつきやすいのは女性だという違いがあります。

内臓脂肪を放置するとなぜ悪い?

一般的にダイエットをするという人が落としたいと目標にするのは皮下脂肪のほうだと思いますが、内臓脂肪もそのままにしていると健康上様々な悪影響があります。

メタボリックシンドローム、通称「メタボ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上あり、かつ高血圧・高血糖・高脂血症の3つのうち2つ以上該当している場合に診断がおります。

そもそも内臓脂肪が溜まってしまっている原因はほとんどが運動不足と食べすぎ。この状態ですと当然メタボと診断される確率も上がります。

メタボになると動脈硬化が進みやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞などの発症リスクを大きく高めてしまいます。

健康で長生きするためにも、内臓脂肪を減らすように普段から心がけることは非常に重要だと言えるのです。

内臓脂肪を落とすには?

それでは、内臓脂肪を落とすにはどうしたら良いのでしょうか?
前述の通り、内臓脂肪の原因は運動不足と食べすぎがほとんどです。ですから、まずは普段から定期的に運動する習慣をつけるようにしましょう。

幸い、内臓脂肪には皮下脂肪よりも運動で落としやすいという特徴があります。大事なのは無理のないペースで長期的に続けるということですので、無理な運動を1日だけやって、結局体を痛めたり挫折してしまって継続できない…ということがないように気を付けたいものです。

おすすめなのは、脂肪をエネルギー源にするウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。わざわざ運動するということでなくても、普段電車やバスで行っている距離を歩いてみるなどでも構いません。

また、食事で言うと基本はヘルシーな和食をメインにするのが良いでしょう。特に野菜や海藻類、きのこなどの食物繊維が豊富な食材を多めに食べるのがオススメ。食物繊維には脂質や糖質の吸収を阻害する働きもあるので、内臓脂肪が気になる人は積極的に摂りたい栄養素です。

さらに、アルコールは控えめ、また食事は腹八分で抑えるのも大事です。普段からゆっくりよく噛んで食べる癖をつけると良いですよ。

まとめ

ここでは、内臓脂肪と皮下脂肪の違い、そして内臓脂肪の落とし方についてまとめました。

内臓脂肪は体の外から見えない分日常生活ではあまり気にせずに過ごしてしまいがちですが、蓄積されていくと健康上のリスクがどんどん上がってしまいます。

普段から皮下脂肪だけでなく内臓脂肪を減らすような生活習慣を心がけることが大事ですね。