1. 脂肪燃焼サプリ
  2. 未分類
  3. ≫コーヒーが脂肪燃焼に効果的って本当?その理由とは?

コーヒーが脂肪燃焼に効果的って本当?その理由とは?

コーヒーを飲むとホっとする…という人は多いはず。
朝起き抜けのコーヒーや食後ゆっくりと飲むコーヒー、また3時のおやつと一緒に飲むコーヒー…などなど、コーヒー好きにとっては至福の時間と言ってもいいですよね。
昔はカフェインが多いから飲みすぎるといけないとか眠れなくなるなどのマイナスなイメージもあったコーヒーですが、最近は様々な健康効果があることがわかっています。
その中の一つが「脂肪燃焼効果」。コーヒーを飲むだけでダイエットになるなんて嬉しい限りですよね。
この記事では、コーヒーが脂肪燃焼に効果的な理由についてまとめました。

コーヒーが脂肪燃焼に効果的な理由は、カフェインにあります。
カフェインの効果として有名なのは覚醒作用や集中力・注意力の向上ですが、実はそれだけではありません。
カフェインには、「リパーゼ」という消化酵素を活性化させる作用があります。
リパーゼは脂肪分解酵素とも呼ばれ、主に胃液や膵液に多く含まれており、脂肪を「脂肪酸」と「グリセリン」に分解する働きがあり、脂肪燃焼に大きくかかわっている酵素と言えます。
そしてリパーゼによって分解された脂肪酸は血液中に放出され、エネルギーとして利用されるのです。
なので、コーヒーを飲むことで脂肪の分解とエネルギー利用が促進されやすくなり、痩せやすくなるというわけなのですね。

もう一つの理由は、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」にあります。
クロロゲン酸というのはポリフェノールの一種。ポリフェノールと言えばアンチエイジングや様々な病気の予防などに効果がある「抗酸化作用」があることが知られていますが、それだけではありません。
クロロゲン酸には、「ミトコンドリア」という脂肪を燃焼させる細胞小器官に脂肪を運搬する「CPTー1」という酵素を活性化する働きがあります。
なので、クロロゲン酸を含むコーヒーを飲むことでミトコンドリアに脂肪がどんどん運ばれ、脂肪燃焼が促進されるのです。
「カフェインによる脂肪分解効果」と「クロロゲン酸による脂肪燃焼促進効果」、この2つで効果的に脂肪が燃やされてダイエットに効果があるというわけなのですね。

ちなみに、脂肪燃焼やダイエット目的でコーヒーを飲むのであれば、コーヒーには砂糖やミルクを入れずにブラックで飲むようにしましょう。
砂糖はもちろんですがミルクにも意外にカロリーは含まれています。これを1日何杯も…となると想像以上にカロリーオーバーになりかねません。
また、脂肪燃焼により効果的なのは、「運動前」というタイミングで飲むことです。このタイミングでコーヒーを飲むことで、運動による脂肪燃焼効果がよりアップします。
コーヒーというのは美味しいだけでなくダイエットにも効果があるのであれば、是非毎日継続して飲むようにしたいものですよね。
最近体の脂肪が気になる…という人は、是非毎日の飲み物をコーヒーに切り替えてみることをオススメします!