1. 脂肪燃焼サプリ
  2. 未分類
  3. ≫ついてしまった皮下脂肪を落とす方法

ついてしまった皮下脂肪を落とす方法

自分の皮下脂肪を触ってみると、たくさんついているなという部分と比較的脂肪が少ないなという部分があるでしょう。またついている皮下脂肪も固いなと感じる部分と柔らかいなと感じる部分があると思います。そんな皮下脂肪を落とす方法はあるのでしょうか。

長年ついている皮下脂肪は硬い、新しい皮下脂肪は柔らかい

暴飲暴食や高カロリーの食事をとって、最近太ったなという時には、比較的柔らかい脂肪がついています。カロリーを取り過ぎたからといってすぐに脂肪がつくわけではありませんが、摂取カロリーが消費カロリーを上回った状態が続くと、必ず皮下脂肪として蓄積されます。それでもついてすぐの皮下脂肪というのは比較的柔らかく落としやすいといえるのです。
反対にずっと皮下脂肪がたまっているという部分は、硬さがあるはずです、脂肪というのは、ずっと置いておくと固まってしまいますよね。それと同じで皮下について時間がたったものは、固まってしまうので、触った感触も硬さを感じるようになってしまうのです。

硬い脂肪でも落とすことはできる?

もちろん皮下脂肪は落とすことは可能です。それが長年蓄積した硬い皮下脂肪であっても。しかしまずは柔らかくすることが大切です。
例えば痩せようと考えた時にエステに行った場合、まず脂肪をもみほぐすようなマッサージや機械を使用して施術を行っていきます。それと同様に、もしも自宅で皮下脂肪を落としたいと思ったら、まずは脂肪のついている部分をマッサージして柔らかくするという方法をとると効果的に脂肪を落とすことが出来るようになります。

脂肪を落とすには体温をあげるのも効果的

皮下脂肪を落とそうと思った時には、体をまず温めることが効果的です。なぜなら脂肪というのは、温度が高くなると柔らかくなるからです。
女性の中には、比較的冷え性で困っているという人もいます。冷え性があるということは、手足の隅々までしっかりと血流が流れず、代謝が悪いということを意味します。元々ある程度筋肉がついている人は、筋肉がしっかり動いて血管を刺激し、血流を促進することも出来るのですが、筋肉はない、皮下脂肪ばかりであるという時には、血流を促進する要素がなく、冷え性になりやすいのです。つまり皮下脂肪が多いということは、冷え性になりやすいという悪循環を招いているのですね。
そのためには、毎日体を動かして筋肉を刺激し、血流を良くしてあげて、体全体の体温をあげるということが重要です。もしも運動をする暇がないという時には、入浴などでしっかり体を温めて冷え性を予防してあげると良いでしょう。

まとめ

皮下脂肪は長年に積み重ねであればあるほど、落としにくくなります。しかしながら体温をあげて脂肪を柔らかくしたり、皮下脂肪の部分をマッサージしてもみほぐすなどの方法をとると、落とすことも不可能ではありません。
皮下脂肪がとれるとその部分がスッキリし、体重もスタイルも見違えるようになるのではないでしょうか。そのために皮下脂肪を落とす方法を実践することは大切なことなのです。