脂肪燃焼サプリ比較ランキング|おすすめサプリの効果と口コミを徹底検証

脂肪燃焼サプリを選ぶ前に、脂肪はどのようにして燃焼されるのかを知り、自分にあったサプリメントを選ぶと失敗がありません。

脂肪の燃え方

脂肪はエネルギー源として消費されます。

運動などで体温が上がり血糖値が下がると、グルカゴンというホルモンが分泌されます。

グルカゴンは脂肪細胞に蓄えられた脂肪を、血液中に放出させます。
その過程で「リパーゼ」という脂肪分解酵素が、体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解させ、筋肉などに運ばれてエネルギーとして消費されます。

こうして、脂肪は燃焼されるのです。

 

脂肪燃焼を妨げる成分

インシュリン

運動しているのに脂肪が減らないと悩んでいる方は、インシュリンが邪魔しているかもしれません。

血糖値が急激に上昇すると、血液はドロドロになります。この状態が続くと動脈硬化のお恐れがあるため、インシュリンを分泌して血中の糖分を優先的にエネルギーにします。

インシュリンが高い状態が続くと、エネルギーとして使われなかった糖分は、体脂肪として蓄えられます。こうして体脂肪はどんどん増えていきます。

インシュリンを抑えて脂肪を燃焼させるには、運動前の炭水化物は控える、血糖値を安定させるなどの方法が効果的です。

 

脂肪の燃焼を助ける成分

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(イコサペンタエン酸)

DHA・EPAは不飽和脂肪酸の一種で、脂肪の燃焼を促すはたらきがあります。

脂肪を分解させる酵素である「リパーゼ」や肝臓の昨日を活性化させる働きがあり、余分な脂肪を減らし、体脂肪を適正に保つ効果があります。

EPA・DHAとは、イワシなどの青魚の油に多く含まれるオメガ3脂肪酸の一種。
健康維持に不可欠な反面、体内では作り出す事ができないため、 食物からの摂取が必須という意味で必須脂肪酸に分類されています。

EPA・DHAはラードやバターなどの陸上動物由来の油と違い、常温でも固まることがない”サラサラ”な成分で、 「油を減らす油」であり、血中中性脂肪を低下させる働きがあります。

EPA・DHAは加熱に弱いため、焼くと20%、揚げると50%成分が失われます。
そのため、食事で摂り切れない分はサプリメントで補うのが有用です。

しかし、DHA・EPAは入って入れば良いというものではありません。
DHA・EPAは入っているサプリを適当に選ぶと、思ったように脂肪が燃焼せずにダイエットが失敗してしまいます。

DHA・EPAを選ぶには、必ず抑えておくべき規準が存在します。

DHA・EPAの失敗しない選び方

次の3つのポイントを抑えておくことで、DHA・EPAサプリで失敗することは無くなります。

規準①DHA・EPAが500mg以上摂取できること

厚生労働省が推奨するDHA・EPAサプリの1日の規準は1gです。その半分をサプリメントでまかない、残りは食生活から摂取することが理想です。

摂り過ぎの心配もなく、アメリカでは3g、EFSA(欧州食品安全機関)では1日5gの摂取において、問題ないとされています。

規準②酸化させずに摂取できること

DHA・EPAは酸化することで効果がなくなるどころか、体に害となります。

DHA・EPAサプリを選ぶときには酸化対策をしているサプリを選びましょう。「アスタキサンチン」などでしっかりと酸化防止をしているサプリメントは信頼できます。

規準③信頼が高いこと

通常、飲んでみて効果がないサプリメントはリピートしません。効果が実感できれば、リピート率も自然と高くなってきます。そのため、リピート率はひとつの信頼となります。

また、GMP認定(品質と安全性が保たれている証明)の国内工場で製造されたものや、品質にこだわりを持っている会社を選ぶことも大切です。

 

脂肪燃焼サプリおすすめランキング

  • DHA・EPAを500mg以上摂取できる
  • 酸化させずに摂取できる
  • 信頼が高い

これらをすべて満たしたサプリメントのみを厳選し、ランキングにしました。

1位:きなり


DHA・EPA を500mg配合し、アスタキサンチンで抗酸化作用もあり、リピート率は脅威の92.3%です。

定期コースの縛りもなく、気軽に試すことができます。

国内のGMP認定工場で製造され、モンドセレクションも2年連続の金賞受賞と、信頼性もあるサプリメントです。

2位:DHA&EPAオメガプラス


100円あたりのハイグ料は、665mg! アスタキサンチンでDHA・EPAを酸化から守り、製造もGMP認定を受けた工場で製造しています。

3位:さかな暮らし

 

EPA600mg・DHA260mg配合のサプリメント。

高めの中性脂肪を下げ、 肝臓での血中中性脂肪の合成を抑制し、 血中に存在する中性脂肪の分解を促進します。

結果、血中中性脂肪が低下します。

「さかな暮らし」は「EPA600mg・DHA260mg」を機能性関与成分とし、 血中中性脂肪低下の機能性を届け出、受理されています

 

 

脂肪を燃焼させる最強コンボ! 運動&食べ物&サプリ!

脂肪を燃焼させたい! その気持ちは良くわかります。20代くらいですと、少し運動をするだけで簡単にダイエットもできますが、30代、40代と年を重ねるごとに脂肪が蓄積され、燃焼が難しくなります。特に、男性に比べて女性の方が燃焼しにくいのです! ダイエットには「リバウンド」もありますので、どうすれば良いのか? 裏ワザ的な方法よりも医学的な知識も含めて、おすすめの「王道」の脂肪燃焼方法をお勧めします。

まず、脂肪は体に必要な「三大栄養素」ということを知っておきましょう。三大栄養素は「糖分、タンパク質、脂肪」です。糖分は体を動かすエネルギー、タンパク質は体をつくる源、では脂肪は? 脂肪は水分の感想を防ぐ「保湿」から、体を寒さから守る「保温」、タンパク質を結合させ滑らかに動かす「潤滑油」、さらに「予備のエネルギー」の役割をもちます。特に注目してほしいのは「保温」です。
人間の体は一定程度の熱を持っていないと生きていられないので、体温が外に逃げないようにする「保温」の役割を果たすのが「皮下脂肪」です。そして、特に熱が必要なのが「消化に関する内臓」ですので、おなか回りや内臓には脂肪がつきやすいのです。しかも、年齢とともに体が弱るので、少しでも守るために「脂肪」が蓄積されやすくなります。ですから、「脂肪を一切取らない」食事療法などは、ある程度以上には効果が出ないですし、一時的には脂肪が減っても「病気のリスク」が高まり、体が求めるので必要以上には減らないということを知っておきましょう。それを踏まえてどうするか? 健康的に脂肪を減らすことが重要です。

健康的に脂肪を減らすコンボ①「有酸素運動」
運動が嫌いな人も多いかと思いますが、適度な運動で汗をかくことは、ストレスの発散にもつながります。仕事や日々のストレスを食べ物で埋めている人などには、運動をお勧めです。コツは「呼吸が乱れたり、心臓がバクバクなる運動はやり過ぎ」で、「軽く汗をかくくらいの運動を、30分~1時間」継続することです。ウォーキングでもいいですし、ジョギングでも良いです。通勤時に歩く量を増やしたり、「万歩計」もおすすめです。また、体を引き締めたい方は、バーベルや器具を用いての「ウェイトトレーニング」も良いです。このような運動を、1日おき、あるいは週に3日実行する習慣をつけましょう。

健康的に脂肪を減らすコンボ②「悪い脂肪を取らない」
脂肪といっても様々な種類があります。「常温で個体となる脂肪」は、そのまま体に蓄積されやすいので注意してください。マーガリンなどがその代表です。また、体に必須な脂肪酸が多く含まれている油は、有効活用されやすいですが、そうではない種類の油は、予備のエネルギーとして蓄積されやすいです。サラダ油などはその代表でしょう。逆に蓄積されにくいのは、オリーブオイルなどです。「マーガリン、マヨネーズ、サラダ油を避け、オリーブオイル、バター」に切り替えましょう。

健康的に脂肪を減らすコンボ③「燃焼をうながす食品を取る!」
脂肪分が少ないと、食べた気がしない、という人は、油を変えると良いです。さらに、体温を上げる食材を取ることで、脂肪燃焼効果が少しずつ上がります。具体的には「唐辛子」「ニンニク」「しょうが」をはじめとするスパイス類です。定期的に摂取することを心がけましょう。ただし、唐辛子やコショウなどの刺激の強いスパイスは、取りすぎると肝臓にダメージが出ますので注意です。

健康的に脂肪を減らすコンボ④「サプリを効果的に使う」
さまざまな市販のサプリメントがありますが、自分の体の状態に応じて使い分けましょう。
・女性に多い、排便がスムーズではない方。低体温気味で基礎代謝が低い方→漢方薬系がお勧めです。防風通聖散などがおすすめです。これは、排便を促すことで、腸壁にたまっている排泄物や脂肪を取り除いてくれます。また、防已黄耆湯は、体の水分量を調整してくれますので、水太り気味の人に最適です。基礎代謝を上げる働きもあるのでお勧めです。
・食欲があって、食べることでストレスを発散してしまう→食欲を抑えるタイプのサプリや、食べたものを栄養にせずに体外に排出するタイプがいいでしょう。難消化性デキストリンという繊維が入っているダイエット飲料や、サプリメントがお勧めです。
・食べる量はある程度コントロールできる。筋肉をつけつつ効果的に脂肪を減らしたい→ガルシニアなどの脂肪分解成分が入っているプロテインがお勧めです。他には、脂肪を分解するトクホの飲料や、ヘルシア緑茶なども効果的です。

まとめ
脂肪を減らしたい方は、これら上記の方法を自分なりに組わせることで最適な方法を見つけてください。自分の現在の状態によって、脂肪がどのように体の中で余っているのかが異なります。「運動だけ」「食事量の制限だけ」というやり方では、一時的に体重が落ちても、すぐにリバウンドしてしまいます。特に30代、40代と年齢があがるにつれて基礎代謝が落ちますので、ダイエットはしにくくなります。大事なことは、「自分の生活習慣」をしっかりと見直すことです。参考にしてください。

 

脂肪燃焼には何が一番効きますか?

年齢を重ねるごとに、脂肪が思うように落ちてくれなくて困っている方に朗報です。
今回紹介するのは、私が本気で取り組んで効果が出た脂肪燃焼ダイエットをご紹介します。

「脂肪燃焼」とネットで検索すると、エステや飲み物やいろいろな種類のダイエット法が紹介されていますよね。
お金で買うとなると、結果がついてこないと嫌だしもったいないと感じてしまいます。
そこで、“ただで”しかも”早く”効果が出るものを実行することにしました。

それは、皆さんも聞いたことのある「スクワットチャレンジ」です。
アメリカで一時期流行し、日本でも多くの人がチャレンジして結果を出しています。
一日目に50回、二日目に55回、三日目に60回、そして四日目はお休みの日と続く感じです。
5回か10回、回数を増やしながら三日に一回お休みと簡単に覚えることができ、お休みの日もあるので、気楽に行うことができます。
私は、忘れっぽいので自分の手帳に今日の数を書いて置くことで、手帳を開くたびに頑張ろうと思えました。
でも、50回からスタートと聞くと、えーっと思いますよね。
それが、思ったほどきつくないんです。
まずは、15回、ちょっと休んでまた15回、あとは20回だから頑張るぞっという感じで行っていくとすぐに50回なんて終わってしまいます。
じわっと汗が出てきて、気分も体も軽くなります。
一日の回数が多くなってくると、そんな簡単にはいかないのですが、これにもやはりコツがあります。
よくネットでは一日の間にその数をこなせば良いとありますが、やはり少ない数を何度にも分けて行ってもあまり気持ち良いものではありません。
慣れてきたら、50回単位くらいで行っていくとやった感もありますし、脚にも響いている感じがします。
例えば、110回の日は、朝に50回、夜に30回、少し休憩、あと30回とかです。

スクワット効果をいろいろ調べたところ、スクワットをすることで、幸せ気分のセロトニンが出てくると行った心にも優しいものだとわかったので、もっとやる気も出てきます。
ちゃんとした姿勢で行うことで、足はもちろん余分な脂肪は燃焼され、背中の落ちにくにいお肉も落としてくれるんです。
私の場合、体重はあまり変化しませんでしたが、太もものところがすっきりして、ちゃんと脂肪が落ちた!という実感がありました。
それよりも、姿勢が良くなり気持ちもポジティブになるという相乗効果が期待できると思います。

脂肪燃焼と聞くと、どうしても食べるものを減らすという見方をしてしまいがちですが、それだと脂肪が減るどころか脂肪を減らすための筋肉まで落ちてしまいます。
ですので、健康的に外見も中身もすらっとした人になるために、運動やストレッチは欠かせないものなのではないでしょうか。
今日、紹介したスクワットチャレンジは、脂肪燃焼にもってこいのダイエット法です。
まだ試していない方、また試してみたけど続かなかった方、未来の自分に投資する気持ちでトライしてみてはいかがですか?

お風呂で脂肪燃焼効果を実感し、汗をたくさんかく方法を教えます!

私が実際、毎日やっているお風呂の入り方を紹介します。
信じられないほど汗をかきます。
お風呂に入る前の準備があります。
まずは水分を取りましょう。
ここでオススメはお湯です。
お湯を飲むと、身体がポカポカになります。
胃の中が温かくなると、身体が芯から温まります。
お風呂を入る前に、軽くストレッチをしましょう。
ストレッチをして身体をほぐすと、湯船に浸かった時にさらに血行が良くなります。

いよいよお風呂に入ります。
まずはシャワーで体の汚れを軽く落とします。
そしたら、湯船に浸かります。
湯船の温度はちょっと熱めですが、42度がいいです。
42度のお湯に3分間、肩までしっかり浸かります。
3分間経過したら、一度出て身体を洗います。
身体を洗ったら、軽く首や肩のストレッチをします。
身体を洗う時間と、ストレッチの時間を合計で3分にしましょう。

そしたら、また湯船に浸かります。
肩までしっかり浸かりましょう。
2回目から、かなり汗が出てきます。
しっかり汗を出して、身体を温めましょう。
また、3分間経過したらもう一度湯船から出ます。

湯船から出たら、洗顔をします。
洗顔をしたら、またストレッチを軽くしましょう。
私は腰や肩周りのストレッチをこの時行います。
洗顔とストレッチの時間を合わせてまた3分間にしましょう。

3分間経過したら、最後にもう一度湯船に浸かります。
最後も肩までしっかり浸かりましょう。
もう、3回目になると汗だく状態です。
ガンガン汗をかきましょう。

3分間経過したら、最後に頭を洗います。
頭を洗い、全体の汗をシャワーで流したら、お風呂から出ます。

これでお風呂から出ると、身体がポカポカになります。
私は冷え性なので、この入浴方法で冷え性がかなり楽になります。
お風呂から出ると汗が止まりません。
身体にタオルを巻いて汗を吸い取り、ちょっと身体が落ち着くのを待つためにその状態で歯磨きをしてます。
歯磨きが終わった頃に、ちょうど汗がうまいこと引いてきます。

汗が引いたら、着替えをします。

この入浴法は333入浴法と言います。
ネットでやり方は簡単に調べることができます。

3分間×3セット湯船に浸かるので333入浴法と言われてます。
ものすごい
汗をかくので、脂肪燃焼効果を実感できます。
もちろん、333入浴法を続けているとダイエットになります
途中でストレッチをこまめに入れているのは、身体を柔らかくして血行を促進するためです。
血行が良くなると、脂肪燃焼効果がかなり高くなります。

ダイエットもできて、ストレッチをして身体も柔らかくなります。
血行が良くなって新陳代謝も上がります。
333入浴法は脂肪燃焼効果を実感して、汗をたくさんかくのにかなりオススメです。
すごい汗をかくので、お風呂から出たらしっかり水分を取りましょう。
この時なんですけど、冷たい水より常温の水を飲むようにしましょう。
急に身体を冷やすと、身体に良くないのでオススメできません。
常温の水を一気に飲むのではなく、ゆっくり飲むようにしましょう。

運動不要の体脂肪燃焼方法

運動をして脂肪を燃焼しようと思ったら20分以上の有酸素運動をしてはじめて脂肪が燃焼されます。
しかも、継続していかないと意味はないのです。
これだけ聞くと脂肪燃焼を断念してしまいそうですが、実はそんな運動をしなくても効果的に脂肪を燃焼する方法があります。
その方法はズバリ食事制限です。
運動と同じくらい食事制限も大変だと感じている方は早計です。
食事制限といってもちょっと食事のメニューを変えるだけの誰でも楽にできてしまう方法です。

■脂肪燃焼について
そもそも脂肪燃焼すると言う事はどういう事か簡単に説明します。
まず脂肪ですが、これは余分なお肉と言う認識でしょうが、私たちは生きていくために日々エネルギーを消費しています。
エネルギーがなくなれば力はでませんので、そのエネルギーを食事をして補給します。
その際に消費しきれなかったエネルギーが脂肪になります。
つまり、「補給エネルギー」-「消費エネルギー」の残りが脂肪になるのです。
この差分がマイナスになった場合は過去にストックしていた脂肪を活用する事になるのです。
このようにストックしていたエネルギー(脂肪)を使う事が燃焼になっているのです。

■脂肪を燃焼する食事制限
脂肪を燃焼する事=ストックしていたエネルギーを使う事なので脂肪燃焼の方法は自然と2つになります。
1.「補給エネルギー」を「消費エネルギー」よりも少なくする事
2.「消費エネルギー」を「補給エネルギー」よりも多くする事
つまり、
食事制限をして補給エネルギーを少なくするか、
運動して消費エネルギーを増やすかの2択になります。

この補給エネルギーを少なくする方法は単純に食べる量を減らすと連想してしまいがちですが、
そうではなく、食事の内容を少し変えて補給エネルギーを今よりも少なくするのです。
この補給エネルギーとは、「カロリー」の事です。
身長や体重によって消費カロリーは異なるのですが、平均的な女性の1日の消費カロリーは約1,500キロカロリーです。
日々の食事をこの消費カロリー以下の食事にするだけで脂肪は燃焼されていくのです。

■具体的な食事制限
要はカロリーを制限する事です。ただ、細かくカロリー計算をして食事を制限するのではなくて大まかなイメージで
カロリーが低いものを選ぶだけです。
例えば、
パスタ屋さんに行った際に、食べたいものを選ぶのではなくて、チーズや卵が使われているカルボナーラよりもキノコの和風パスタの方が
カロリーは低い事は容易に想像がつきます。

■まとめ
最近では低カロリーを謳ったお弁当なども多くカロリーを確認して買う事は難しくありません。
一般的には肉は高カロリーで魚は低カロリーや卵やチーズなどのコッテリした味付けのものはカロリーが高く
野菜などのサッパリしたものは低カロリーと言う認知もあります。
なので、特に制限を設けるのではなく、コンビニでお弁当を買う際は必ずカロリーをチェックしてなるべく低カロリーのものを選んだり
お肉は避けて魚料理を食べるなど、ザックリとしたイメージで低カロリーの料理を選ぶなど
日常のちょっとした選択を変えるだけで脂肪は燃焼できるのです。

身体に付いてしまった脂肪燃焼には有酸素運動と無酸素運動が必要

日頃から肥満や、体内脂肪を減らしたいと思われてる方にとってどの様にして体内脂肪を減らすかは悩みの種であり、様々な方法にチャレンジされた方も多いと思います。
体内に付いてしまった脂肪を燃焼させるにはどの様な方法が効果的なのか考えてみたいと思います。
私達が最も耳にするのはやはり運動をする事だと思います。
運動をする事で体内に蓄積された脂肪分を燃焼させてくれるからです。
その運動の中でも特に脂肪燃焼に効果があるとされている物が「有酸素運動」であるとされておりますが、最近の研究では有酸素運動だけでは脂肪燃焼の効果が薄く、無酸素運動も一緒に行う事も取り組まれております。
この有酸素運動は体内に蓄積された脂肪をエネルギー源とする運動で、有酸素運動によって体内に取り込まれた酸素が、脂肪と糖質に分解される事に利用される物です。
有酸素運動の代表的な物としては、ウォーキング、ジョギング、水泳、自転車等があげられますが、息が切れるほどの運動では逆効果になってしまうとされております。
息が切れる程の運動では、体内の酸素の量が増え過ぎてしまい、活性酸素を増加させてしまう事で老化現象を起こしてしまったり、新陳代謝を衰えさせたりしてしまう事が考えられております。
とにかく有酸素運動は、ご自身が気楽に継続的に続けられる程度の物を行う事が大切で、例えば通勤等で車で10分位の距離であるのでしたら、思い切って自転車通勤にしてみる等で、ある程度継続性を持たせる事も可能になると思います。
又、有酸素運動は20分以上継続して行う事で体内の脂肪燃焼に効果が得られるとされてきましたが、個人の体質や脂肪量、又は運動の種類によって消費されるエネルギーがはっきり線引き出来ておりません。
その為、現在では「20分以上継続する」と言う時間の縛りではなく、トータルで20分以上と言う様に変わってきております。
トータルで20分以上と言う事で有れば、何となく継続できそうな気がしてきます。
次に無酸素運動ですが、運動中に「酸素をほぼ使用しない運動」とされております。
この無酸素運動には筋トレや短距離走等が当てはまりますが、有酸素運動との組み合わせでより体内の脂肪燃焼が効率的に行われるとされております。
特に皮下脂肪を効率的に落としていくので有ればとにかく「筋肉を動かす」事が重要で、筋肉を動かす事によって体内の基礎代謝をアップさせ、脂肪が燃焼しやすい体質に改善して行くとされております。
例えば「筋トレ」ですが、これは無酸素運動に該当してくる運動になりますが、体内に蓄積された脂肪を燃焼してくれると共に、ご自身の筋力の維持や筋力アップにも繋がりますので、是非試されて見ては如何でしょう。
最後にまとめとしまして、一度身体についてしまった脂肪を燃焼させ痩せて行く事はとても大切ですがとても大変です。
とにかく日頃からの規則正しい食生活には充分気を付けると共に、日常的に適度な運動等で身体を動かしておく事が大切です。
これらの事に気を使う事でメタボ対策にもなって行きます。
とにかく途中で投げ出さない気持ちと、個人の工夫が大切になってくると考えます。

脂肪燃焼 運動に関して

どのような運動が脂肪燃焼に効果的なのでしょうか。
まず皆様が思い浮かべるのがジョギングやウォーキングだと思います。
確かに続けることができればそれで良いのですが相当の忍耐が必要かと思われます。
実際にしておられる方は何かのスポーツの基礎訓練のためにしているのかもしれません。
ですので、真似するのは非常に困難です。
では、どうすればいいのでしょうか。
答えは筋肉を付けてしまえば良いのです。
とにかく筋肉を付けてしまうと消費カロリーが増えますし、良く動けるようになるので、おすすめです。
よく有酸素運動を20分以上続けると脂肪が燃焼し始めるといいますが、そんなものに頼っていてもダメです。
もっと効率的に脂肪を燃焼させるには、体の大きな筋肉を徹底的に鍛えることです。
体の芯から大きな筋肉というと難しく思われるかもしれませんが、結構簡単です。
例えば下半身は普段の生活で十分に使っているので鍛えても劇的な効果は出ません。
どちらかと言うと持久力を付けた方が効率的です。
ですが、上半身は別です。
ふだんあまり使わないので、胸、背中を鍛えることで、腕まで鍛えられ、体幹も強くなり、劇的に基礎代謝は上がります。
具体的にどうすればよいかですが、腕立て伏せと懸垂です。
始めは10回もできないでしょうし、懸垂は1回しかできないかもしれませんが、しつこくやってみてください。
必ず筋肉は付きます。
ただし、筋肉が付く仕組みは良く理解した方が良いかと思います。
筋肉が付くという現象は筋肉の超回復によって行われます。
超回復とは一度筋肉トレーニングによって痛めつけられた筋肉(次の日は証拠に筋肉痛になります)は現状より少し強くなって筋肉が回復するのです。
これが、筋肉トレーニングの仕組みで、一般的に負荷も重要となってきます。
100回できる動作を続けても意味は無く、20回や10回くらいしかできない運動を1セット、2セットやることにより、筋肉トレーニングのもっともよい負荷、すなわち筋肉の程よい破壊ができます。
ですので、別に思いモノを背負ってウォーキングをしてもよいのです。
ただし、背中の筋肉は回復するのに4日ほどかかるので、次の筋肉トレーニングは4日後ということになります。
また、腹筋や足の筋肉、前腕は持久力が高い筋肉ですので、比較的軽い負荷で、高回数こなした方が、効果的に筋肉が破壊できます。
比較的軽い負荷というのは1セットに40回くらいです。
これを繰り返し筋肉トレーニングは成立します。
大体効果がでるまで3か月かかりますので、気長にやってみてください。
別にムキムキにはそう簡単にはなりませんので、怖がらないでください。
また、どうしても腕立て伏せや懸垂が嫌なら、他のとレーニングに負荷をかければなんでもかまいません。
とにかく筋トレの仕組み、筋肉の超回復の仕組みを知っていれば、なんでもいいです。
そうした結果、もちろん肉をたくさん食べないと行けなくなりますが、少々の炭水化物や油は消費されてしまいます。
太らない体質が出来上がるわけです。
体重を減らすという発想よりは形を整える問う発想です。
ですが、確実に脂肪は燃焼します。

脂肪の燃焼とダイエット効果

近年、ダイエットやエクササイズの一環として脂肪燃焼の重要性が言われてきました。

脂肪を燃焼させるためにどの様な方法を取っていますか?

無理なダイエットやエクササイズは体に負担を掛けてしまう事や、ストレスで体調を壊してしまう
事にも繋がります。

無理なくダイエットを成功させて、理想の体を手に入れる為には脂肪燃焼のメカニズムをしっかりと
把握し、効率のいいダイエットを実践する必要があります。

この記事では、脂肪燃焼のメカニズムについて分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

【脂肪の燃焼の効率のいい方法】

ダイエットを行っているが体重が落ちない。

食事制限や運動しているのに、お腹の周りのお肉が取れないと悩まれている方は多いと思います。

それは、ダイエットと脂肪の燃焼の関係が上手に作用していないからです。

脂肪の燃焼率を上げる事で、お腹周りのダイエットや、体重の減少に繋がります。

①基礎代謝や新陳代謝の能力を上げる!
脂肪の燃焼に一番効果のある事が、新陳代謝と基礎代謝の能力を上げる事にありました。

血行の促進やリンパマッサージなどを行い、基礎代謝の能力や新陳代謝を高めると、
脂肪の燃焼率が上がります。

少し動くだけでカロリーが消費してくれる体へとなりますので、必然的に体重の減少へと繋がります。

また、基礎代謝や新陳代謝の能力を上げるという事は、内臓の動きも活発化しますので、
便秘の解消や、冷え症の予防にも効果を発揮してくれます。

②規則正しい生活を行う。
この、規則正しい生活を行うという事で、脂肪の燃焼率を上げる事が出来ます。

体内時計という言葉がありますが、体内のリズムをしっかりと作ってあげる事で、どの時間にカロリーを
消費すればいいのか?という事を体が覚えてくれます。

生活習慣が乱れてしまうと、カロリーを消費しなければいけない時間に、ため込んでしまうという
現象が起こります。

これが、ダイエットをしても痩せない!と思ってしまう理由となります。

規則正しい生活のリズムで、どの時間にどれだけ必要なカロリーを必要とするのか?
それが、脂肪燃焼を効率よく行うカギとなっています。

③有酸素運動を週に3回行う!
これだけ見ると、続けられるか分からない。と思ってしまいますよね?

脂肪の燃焼は30分以上の有酸素運動から!と言われております。

しかし、10分程を週に3回行う様にして下さい。

劇的な変化はありませんが、確実に体重の減少が見られます。

そのメカニズムは、有酸素運動でダイエットや脂肪の燃焼を行うのではなく、歩く事で
体の代謝の向上を目的とするからです。

確かに、ダイエット目的の有酸素運動であれば、30分以上が必要になりますが、
脂肪燃焼となると、話は違ってきます。

有酸素運動を行う事で、脂肪燃焼の効率を活発化させます。

代謝の向上と同様の作用がありますので、脂肪の燃焼に最適となっております。
脂肪の燃焼とは、どれだけ基礎代謝や新陳代謝を上げるか!というのが求められます。

基礎代謝や新陳代謝の向上は、マッサージや規則正しい生活。生活習慣といった
いつでもだれでも簡単に出来る事が沢山あります。

辛い食事制限や運動。高いダイエット食品を購入される前に、一度生活を見直して
基礎代謝を上げてみませんか?

効率のいい脂肪燃焼を体感してみて下さい!

コルセットを着用するだけで脂肪燃焼は出来る?

コルセットというのは、いろいろなタイプがあります。腰痛を予防するためのコルセットもありますし、骨盤を矯正するためのコルセットもあります。また下腹部やウエスト周りの脂肪を押さえて体型を整えるというコルセットもあります。これらのコルセットは背骨、腹部などの周りに巻くものですが、脂肪の燃焼に効果があるのでしょうか。

・コルセットを巻くと姿勢が良くなる
コルセットを着用するメリットというのは、腰や骨盤を保護する、そして脂肪を押さえてスタイルを作るという点ですが、もう一つ大きなメリットがあります。それはコルセットを着用すると姿勢が良くなるという点です。コルセットを着用してみると、まず腹部や腰部の圧迫感を感じることができます。ある程度締め付けがないとコルセットの意味がありません。またコルセットの側面に柔らかいばねが入っていることもあるのです。このばねが姿勢を矯正するのに役立つのですね。姿勢が悪い人もコルセットをつけるだけで、背筋が伸びることもあります。また変な姿勢になるとコルセットが肌にあたり痛みが出ることもあるので、自然と姿勢をのばそうと注意をするようになるのですね。姿勢が良くなると様々なメリットがあります。その一つが体幹をまっすぐ保持しようという力が加わるので、体の筋肉を使用するということです。体に力を入れたりすることが多くなると、体の筋肉を使うようになるのですね。その結果脂肪燃焼が高まるのです。つまりコルセットを使用することは、体幹を保持するのに筋肉を使用するために脂肪燃焼を高めることが期待出来るようになるのですね。

・コルセット着用するなら短め?長め?
コルセットにはいろいろな種類があり、短めのものと下腹部からアンダーバストの方まで来る長めのものもあります。そのどちらを選ぶと良いのでしょうか。もちろんコルセットを着用するときには、着け心地、また日常生活を妨げない物を選ぶことが大切です。しかしある程度脂肪燃焼を期待するならば、短めよりも長めの方がいいでしょう。コルセットを使用していると、その部分の保温効果もあり、冷えを予防することも出来ます。腹巻のような役割もあるのですね。冷えを予防して体を温めてあげると、それだけ血流はよくなります。また長年ついた脂肪は固くなっていることが多いですが、それをあたためることによって、脂肪を柔らかくすることも出来るのですね。脂肪が柔らかくなるということは、脂肪が取れやすくなるということです。つまり長めの範囲をカバーするコルセットを着用することによって脂肪燃焼の効果が高まるのです。

コルセットを着用することは、動きを制限されて煩わしいと思う人もいるかもしれません。しかしながら、姿勢を保持しようとする意識が働きますし、その意識が体幹の保持、そして全身の脂肪燃焼を促すきっかけになるのですね。つまり意識付けのためにコルセットは有効であるといえるでしょう。

効率的な脂肪燃焼には血糖値が重要です

我々の身体の中にある脂肪細胞には体脂肪が蓄積されており、この体脂肪はエネルギー源として運動するときなどに消費されます。すなはち、脂肪燃焼という現象はこの体脂肪を消費することで起こることになります。では、どのようなしくみで脂肪燃焼が起こり血糖値とはどのような関係なのでしょうか?
1.脂肪燃焼のしくみと血糖値との関係
運動などを行うことによって体温は上がり、血糖値が減少すると脂肪細胞からエネルギーが引き出され血糖値を安定させるためにグルカゴンというホルモンが分泌されます。このグルカゴンが脳へ指令を出してリパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素が体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解して血液中に溶出されます。その結果として、遊離した脂肪酸が筋肉まで運ばれ運動エネルギーとして消費されます。これが体脂肪の脂肪燃焼のしくみとなります。
このように、脂肪燃焼を起こすためには血糖値を下げることがきっかけとなり、この血糖値を安定化させることが効率的な脂肪燃焼を引き起こすと考えられています。

2.脂肪燃焼と食事
食事などによって血糖値が増加します。血糖値が増加するとすい臓からインシュリンが分泌されることはよく知られています。このインシュリンは血液中に含まれる糖を細胞の中に取り込むように働きます。そして、食事によって摂取された糖はインシュリンによって優先的に運動エネルギーとして消費されますが、消費されずに残ったものは体脂肪として蓄積されます。このように蓄積された体脂肪は燃焼せずにインシュリンによってさらに蓄積されることになります。
このようなことから脂肪燃焼を起こすにはインシュリンの過剰な分泌を抑えることが大切です。その為にも、
3.効率的な脂肪燃焼を行うために必要な血糖値のコントロールとは
効率的に脂肪燃焼を行うためには次のような食事方法を実践して血糖値をコントロールする必要があります。
A.食事量とバランスを考える
特に気をつけなければいけないのは空腹時の食事です。空腹時などに一気に食事を行うと血糖値が急上昇しますので、普段の食事の際も食事の量とバランスを考えて食事をすることが大切です。
B.食事の順番を考える
炭水化物のような血糖値を増加させインシュリンを分泌しやすい食べ物はなるべく最後に摂取するように心がけてください。野菜などの腸の中で吸収されにくい食物繊維を最初にとることによって、後からの食べる食材の腸内への吸収を緩めることができます。
C.グリセミック指数(GI値)の低い食材を摂取する
食後の血糖値の増加度をあらわす指標をグリセミック指数(GI値)と呼びます。このGI値の低い食材を摂取すると糖の吸収がおだやかになり、血糖値の増加もゆるやかになります。その結果、インスリンの分泌も過剰とならずに糖が全身の細胞に速やかに吸収されることになります。
GI値の低い食材としては緑黄色野菜・海藻・大豆・きのこなどが代表的な食材ですので、積極的に摂取してください。
脂肪燃焼と血糖値は密接な関係があり、効率的な脂肪燃焼には血糖値の急激な増加を抑える必要があります。特に、食事方法に気をつけるだけでも体脂肪の蓄積を予防することができます。食事方法以外にも脂肪燃焼に効果的な方法は有酸素運動が知られています。身体の中に取り込まれた酸素が体脂肪と糖質を分解することに使用されます。息が切れた運動は代謝に悪影響を及ぼす活性酸素を生み出すので控えてください。